• 東京銀座の歯科・美容クリニック 銀座エルディアクリニック|銀座駅C8出口から徒歩1分

【医師監修】エルディアクリニックで採用するSDSジルコニアインプラントとは?

【医師監修】エルディアクリニックで採用するSDSジルコニアインプラントとは?

【医師監修】エルディアクリニックで採用するSDSジルコニアインプラントとは? 660 541 銀座エルディアクリニック

近年、インプラント治療において注目を集めてきているジルコニアインプラントですが、まだまだ採用しているクリニックは少ないため、その実態がわからない方は多いのではないでしょうか。本記事では、ジルコニアインプラントの概要、そして当院で採用しているSDSジルコニアインプラントの特徴と、当院でインプラント治療を受けていただく際に実施している精密検査などの治療プロセスについて紹介します。

ジルコニアインプラントとは

ジルコニアインプラントとは、ジルコニアというセラミックの中でも最も硬度に優れた100%非金属を素材とするインプラントです。金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配もなく、身体に優しいといった特徴があります。
ジルコニアインプラントに関してより詳細に理解されたい方は別の記事で解説しているのでそちらをご覧ください。

【医師監修】ジルコニアインプラントとは?チタンインプラントと比較してそのメリットを紹介!

SDSジルコニアインプラントとは

SDSジルコニアインプラントとは、ジルコニアインプラント世界シェアNo.1を誇るスイスのインプラントメーカーであるSDS社が作るジルコニアインプラントです。ここではSDSジルコニアインプラントの概要を説明します。

SDSジルコニアインプラントの特徴

ジルコニアインプラントは、スイスにクリニックをかまえるボルツ氏によって開発されました。これまでのインプラントが抱える課題を克服するために開発され、アメリカFDA(日本でいう厚生労働省)からの承認も取得しています。これまでのインプラントが抱えていた課題としては、インプラント周囲炎のリスク、治療後の審美性、抜歯即時埋入・即時負荷により治療期間を短縮したい、チタンによる健康リスクなどが挙げられます。SDSジルコニアインプラントでは、これらの課題を解決することができます。

インプラント治療のリスクとその対策

ここでは、実際にインプラント治療を受けるにあたり、事前に把握しておかなければいけない項目が幾つかあります。具体的には、糖尿病、貧血、肝臓疾患などの全身疾患、骨粗しょう症などによる顎の骨質不良、金属アレルギー、重度な歯周病などを検査します。具体的な検査内容については後述しますが、ここではインプラント治療におけるリスクと、それに対する対策について解説していきます。

骨質が低下している場合、すぐには手術ができない

事前の検査により、顎の骨の骨質が基準値よりも低いとの結果が出た場合、顎の骨に人工歯根を埋め込むには十分ではないため、すぐにはインプラント手術をすることはできません。これは事前の血液検査にて測定します。

隠れている病気によるリスク

糖尿病に罹患していると、傷が治りにくいことや、感染のリスクが増すため医科との連携が必要となります。こちらも事前の血液検査にて測定が可能です。

インプラントと骨が結合しない可能性

骨粗しょう症や脂質異常がある場合、インプラントと歯槽骨の結合が十分に獲得できないという可能性があります。こちらも事前の血液検査にてしっかりと確認しましょう。

エルディアクリニックでインプラント治療する際の精密検査

東京の銀座エルディアクリニック:歯科 

ここでは、実際に当院でインプラント治療を行う際に実施している、事前の精密検査について説明します。当院では口腔内だけでなく、身体全体を検査してから治療を開始しています。中でも、ほとんどのクリニックではあまり実施されていない血液検査の概要とその重要性について説明します。

血液検査

インプラント治療を行う場合、一般的な歯科検査に加えてレントゲン撮影や、CT撮影による検査を行うクリニックは多いですが、血液検査まで取り入れているクリニックは案外少ないのが現状です。上述したように、医科病院で骨に穴をあけるような手術をする場合、必ず血液検査を行うのは常識ではないでしょうか?当院では、患者様にとってインプラント治療を安全に受けて頂くために、必ず血液検査を実施しています。

骨質が基準に満たなかった場合

血液検査により、骨質がインプラント治療を行うのに適した基準に達しなかった場合、インプラントがうまく結合しないため、骨質が基準の数値に達するまで埋入手術はできません。その場合、骨質の数値を基準値に達する(骨質を上げる)ためにサプリメント等で治療し、その後、基準値に達したら埋入手術を行うことができます。

エルディアクリニックで採用しているSDSジルコニアインプラント治療の特徴

最後に、当院でSDSジルコニアインプラント治療を受けていただく際に取り入れている特徴について紹介していきます。(当院ではチタンインプラントの治療も行なっております)

①抜歯即時埋入・即時負荷が可能 

インプラント治療では、一般的には抜歯をしてからインプラントを埋入するまでに数ヶ月、そしてインプラントを埋入してから仮歯を装着するのにさらに数ヶ月待つ必要があります。しかし、抜歯即時埋入とは、抜歯をした当日にインプラントを埋入することで、抜歯の手術を実施するその日に、インプラントを埋入します。また、即時負荷とは、インプラント埋入したその日に負荷をかけることができる、つまり仮歯の装着が可能です。それにより、通常であれば2回~3回の外科手術が必要なところを1回で済ますことができ、結果として治療期間も短縮できます。その日に仮歯を装着することで、見た目にも問題なく普通に生活していただけます。また、即時負荷については、他のジルコニアインプラントシステムでは行うことができず、SDSジルコニアインプラントのみ可能です。こちらについても、条件が整えば可能であるため、場合によっては即時負荷はできないこともあります。

②チタンインプラントとジルコニアインプラントの費用が同じ

当院では、チタンインプラントとジルコニアインプラントの治療費用は同じ金額でご案内しております。一般的にはジルコニアインプラントの方が、チタンインプラントよりも高額なことが多いですが、当院では、それぞれの特性をご理解いただいた上で、費用を気にせずご判断いただくことが可能です。

③保証期間が10年

インプラント治療は、患者様が長く快適に使い続けられるよう、入念な治療計画を立てて行いますが、場合によっては予期せぬトラブルが起こることもあります。そのような万が一のトラブルが起きたとしても、患者様が安心して治療を受けていただけるための制度が保証制度です。保証制度は歯科医院、または歯科医院と提携している保証会社が再修復・再手術の費用を負担するなどが一般的ですが、その保証内容は自由に設定できるため、あらかじめ保証内容をご確認することをおすすめします。クリニックによって様々ですが、当院では10年間の保証をご用意しているので、安心して治療に専念していただくことができます。

SDSジルコニアインプラントまとめ

チタンインプラントがまだまだ主流とされている中、徐々に注目を集めているジルコニアインプラントですが、その中でも当院で採用しているSDSジルコニアインプラントは、これまでのインプラントが抱えていた課題を全面的に解決できる商品であることは、ご理解いただけたかと思います。チタンインプラントと比較すると少々お値段が張ってしまうジルコニアインプラントですが、当院ではチタンインプラントと同じ治療費用でご案内しておりますので、担当医師からそれぞれの特徴や、患者様の身体への向き不向きなどのご説明を受けた上で、費用を気にせずご判断いただけますので、ご検討の方は、ぜひ一度カウンセリングを受けていただくことをおすすめします。

銀座エルディアクリニックのジルコニアインプラント治療はこちら

東京の銀座エルディアクリニック|公式LINEアカウント

お得な情報をLINEでお届け

LINE
公式アカウント

参考文献
「高橋デンタルオフィス」
引用:
http://www.implant-guide.jp/rescue.html

公開日 2021年6月25日
監修:銀座エルディアクリニック高橋医師