• 銀座駅C8出口から徒歩1分|歯と肌の健康をお考えなら、歯科併設の美容クリニック銀座エルディアへ

【医師監修】顔のシミ取り方法とは?
シミの消し方と知っておきたい
予防方法と治療法をご紹介

【医師監修】顔のシミ取り方法とは?
シミの消し方と知っておきたい
予防方法と治療法をご紹介

【医師監修】顔のシミ取り方法とは?
シミの消し方と知っておきたい
予防方法と治療法をご紹介
640 427 銀座エルディアクリニック

顔にシミの症状があり、気になってはいるけれども、具体的な対策や自分に合った治療法についてわからないといった方は多いのではないでしょうか。
ひとくくりにシミと言ってもいくつかの種類があり、それぞれによって効果的な治療法は異なってくるので、失敗しないためには適切な情報が必要になってきます。
今回の記事では、顔のシミの種類、シミの消し方と知っておきたい予防方法と治療法について解説していきます。

代表的なシミの種類と特徴

まずはシミの種類とそれぞれの特徴について説明していきます。ものによっては医療治療よりもセルフケアによる治療が適している場合もあるので、そこも詳しく解説します。

代表的なシミの種類

肝斑

肝斑は特殊なシミであり、他のシミとは治療法や経過が異なります。肝斑は紫外線や女性ホルモンの影響で、メラニン色素を作り出す働きが活性化している状態です。このシミにはレーザー治療は効果がなく飲み薬や塗り薬を用いた治療が効果的です。またセルフケアによる治療も有効です。

色素沈着

皮膚が、外傷や熱傷など何かしらのダメージを受けた場合、強い炎症により、一時的に色素細胞が活性化され、色素沈着を起こしたものです。こちらのシミは塗り薬による治療が効果的です。またセルフケアによる治療も有効です。

そばかす(雀卵斑)

小学生の頃から生じる、遺伝が原因といわれているシミです。思春期以降に濃くなり中高年になると目立たなくなって来るのが一般的です。こちらはセルフケアでは消せないシミで、医療による治療、もしくは塗り薬での治療が必要です。

脂漏性角化症(イボ)

セルフケアでは改善が難しいため、液体窒素による冷却凝固処置や炭酸ガスレーザーが一般的ですが、レーザー治療や塗り薬による治療も効果的です。

老人性色素斑(日光黒子)

もっとも一般的に見られる代表的なシミです。紫外線やターンオーバーの乱れ、そしてストレスが原因となってできるシミで、主に中年以降、早い方は20代から出現します。レーザー治療や塗り薬による治療が効果的です。またセルフケアによる治療も有効です。

後天性真皮メラノサイトーシス

20代後半以降になってから、女性の両頬部にたくさんできてくる、青黒色または褐色の点状色素斑で「アザ」と呼ばれることもあります。症状が肝斑と似ていますが治療法が異なるので、しっかりと区別する必要があります。こちらのシミにはレーザー治療が有効です。

シミができる3つの原因

ここではシミができてしまう原因について解説していきます。シミができる主な原因は以下の3つと言われているので、それぞれ確認していきましょう。

シミができる主な原因

紫外線によって分泌されるメラニン色素

皮膚の表皮が紫外線を浴びるとメラノサイトと呼ばれる色素細胞に信号が送られ、メラニンという色素を生成し、このメラニンがシミのもととなります

加齢や肌荒れによる肌サイクルの乱れ

紫外線を浴びて生成されたメラニンは、通常28日のサイクルで細胞とともにはがれ落ちていき、これをターンオーバーといいます。しかし、加齢やストレスによる肌荒れにより、ターンオーバーのサイクルが乱れると、紫外線を浴びることにより増えていくメラニンに対して、新陳代謝が滞留しメラニンも滞留してしまいます。それが、色素沈着の進んだシミの原因になります。

女性ホルモンの変化

妊娠中はエストロゲンという、シミの原因となるメラニンを生成する女性ホルモンの分泌が増えるため、妊娠やピルの服用による女性ホルモンのバランスが原因といわれています。

効果的なシミ取り方法

ここでは具体的なシミ取りの方法と、どの治療法がどのシミに効果的なのかについてご紹介します。

効果的なシミ取り方法6選

ここでご紹介するシミ取りの方法は、大きく分けてご自身で行うことのできるセルフケアと、実際にクリニックなどでしてもらう必要のある医療治療の2つがあります。

睡眠不足などの生活習慣を改善する~セルフケア~

過度なストレスや慢性的な睡眠不足を抱えてしまうと、ホルモンバランスが崩れてシミができやすいため、まずはご自身の生活習慣を見直すことが大切です。

正しい方法でスキンケアをする~セルフケア~

正しいスキンケアをすることで、お肌のターンオーバーを整えることにより、肌の内部に滞留したシミのもととなるメラニンの排出を促す効果があります。なので、丁寧な洗顔、十分な保湿、そして月1回のピーリングなど、正しいスキンケアはシミの除去に効果的です。

光照射~医療~

顔全体にフラッシュを浴びせるように照射していき、レーザーでは困難な「薄いシミ」にも効果を発揮し、顔全体のトーンアップや肌質改善に期待できます。メリットとしては、広範囲の治療ができる、ダウンタイムが短いなどがあり、デメリットとしては、深いシミへの効果は薄いところです。こちらの治療はシミ・くすみ・そばかすの改善に効果的です。

凍結療法~医療~

凍結療法とは、液体窒素でスカイ細胞にダメージを与えることで肌を活性化させる治療法ですが、一般的にはレーザー治療と比較して効果は低いとされています。脂漏性角化症の治療にはおすすめされる場合もあります。

レーザー治療~医療~

レーザー治療は、シミの原因であるメラニン色素を破壊してシミを消していきます。レーザー治療では、パルス幅といわれる光の照射時間や光の波長の長短により、深さや色味などの効果に違いがあります。こちらは肝斑以外のほとんどのシミ治療に効果的とされています。

服用薬・塗り薬~医療~

美白成分配合の服用薬や塗り薬を用いることで、肌の内側から治療することが可能です。ビタミンCやハイドロキノン配合の塗り薬はピンポイントのシミ対策としても人気です。こちらは上述したシミの中では後天性メラノサイトーシス以外のシミには有効とされています。

シミを作らせない対策と予防法

ここではシミを作らせないために、日頃から対策できる予防方法について紹介していきます。

シミを作らせない対策と予防法

紫外線対策を徹底する

紫外線を多く浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、シミが起こりやすくなるので、日焼け止めをこまめに塗り直すことが大切です。

スキンケアを怠らない

化粧水、乳液、クリームなどをこまめに塗り、肌を乾燥から守ることで、シミの発生を防ぐことにつながります。

摩擦に気をつける

マスクなど、肌とモノが接触すると摩擦で肌が傷つき、それにより色素沈着を招くことでシミやくすみの原因となります。マスクの下はスッピンという人も多いが、きちんと化粧をすることでマスクの摩擦を軽減することが大切です。

顔のシミ取り方法まとめ

今回の記事では、シミの種類と、それぞれのシミに合った対策や治療法について解説していきました。シミの種類と特徴を理解することで、ご自身のシミに合った適切な治療法、さらには予防方法を選ぶことができるようになります。自分では判断が難しい場合は、プロにみてもらうことが1番ですので、お近くのクリニックでご相談されることをおすすめします

監修:銀座エルディアクリニック田中医師