• 東京銀座の歯科・美容クリニック 銀座エルディアクリニック|銀座駅C8出口から徒歩1分

PICO(ピコレーザー)test

PICO(ピコレーザー)test

PICO(ピコレーザー)test 150 150 銀座エルディアクリニック

PICO(ピコレーザー)

チンセラ・プラスとは、脂肪を溶かす成分が含まれた薬剤(デオキシコール酸)を皮下に注入し、脂肪細胞を分解・溶解させることで痩身効果が期待できる脂肪溶解注射の一つです。

ピコレーザーは
このような肌のお悩みがある方におすすめ

東京の銀座エルディアクリニック|脂肪溶解のこんなお悩みの方におすすめ

シミ・くすみ

そばかす

小ジワ

肝斑

毛穴

青あざ

タトゥー除去

シミ取り成功のポイントは
シミの種類とあなたのは肌に合った治療を選択すること

ピコレーザーとは


熱による肌ダメージは最小限へ。
ダウンタイムも少なく短時間で効果を実現

ピコレーザーは1兆分の1秒という極めて短いパルスのレーザーを照射します。レーザーのピークエネルギーは、パルスが短いほど瞬間的な破壊力が大きくなります。これによって、従来の技術では改善しにくかった色素や肌質まで改善させることができるようになりました。また、パルスの短いレーザーでは熱をほとんど発生させることなく、レーザーの衝撃だけでメラニンを破壊しますので、熱による肌ダメージを防ぐこともできます。
従来のレーザーでは破壊できなかった大きさの粒子の細胞、色、深さにも対応が可能ですので、より幅広い用途に活用できます。また、薄い色素であっても除去する能力に優れているので、これまでは取りきれなかった薄いしみやくすみ等にも有効です。

ピコレーザーの3つの治療

1.

肝斑への治療

肝斑の状態に合わせて院長が照射設定をするため安全性の高い方法です。

2.

今まで困難だったボディの治療にも

アトピー性皮膚炎による色素沈着、また、今まで治療が困難だった毛孔性苔癬にもとてもいい効果が出ています。

3.

ダウンタイムが短いシミ取り治療

シミ取り治療に対し、すぐメイクができるメリットがある方法です。

田中医師からのコメント

ピコレーザーは従来のレーザーと比較して、メラニン色素をより細かく粉砕させることができるため、少ない回数でしみの改善が期待できます。
また、熱の発生がほとんどないため、痛みが少なく、皮膚や周囲の組織へのダメージが抑えられ、レー ザー後の色素沈着が起きにくいと言われています。
肝斑やくすみ改善、肌質改善を目的とした照射方法もおすすめです。

ピコレーザー3つのモード

ピコレーザーは目的に応じて3つのモードを使い分けます
・ピコ・スポット
・ピコ・トーニング
・ピコ・フラクショナル(ピコフォーカス)

痛みはほとんどなく、肌に優しいタイプのレーザーです。肌のホワイトニング効果が高く、色素沈着などのリスクが少ないのが特徴です。一般的にシミ取りやトーニングに用いるレーザーは2つの波長しか搭載していませんが、当院のピコレーザーは、1064nm 730nm 532nmの3つの波長のレーザーを搭載した最新の医療機器です。

1.シミ取り(ピコスポット)とは

シミの元であるメラニン色素をピンポイントで破壊し、シミやそばかすを除去します。

こんな方におすすめ

✓ シミ、そばかすを何とかしたい
✓ あざが気になる
✓ ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)を薄くしたい方
✓ 色素沈着が気になる

シミ取り(ピコスポット)の詳細情報

・施術時間:10分
・治療間隔:3か月以上。
・ダウンタイム:1週間程度
・副作用・リスク:色素沈着、再発
・洗顔・メイク・シャワー・入浴:当日から可能

2.ピコ・トーニングとは

低出力のレーザーを広めに持続的に照射します。低出力に設定することで、肝斑やくすみ、薄いシミを薄くしていきます。お肌全体が明るいトーンになる効果が期待できます。

こんな方におすすめ

✓ 短いダウンタイムで改善したい
✓ 肌のトーンアップをしたい
✓ 肝斑のような薄いシミがある
✓ そばかす、くすみ、シミを改善したい
✓ これまでのレーザートーニングやIPLで満足できなかった
✓ 肌のハリや弾力が衰えてきた

ピコトーニングの詳細情報

・施術時間:10分
・ペース:2~4週間に1回
・ダウンタイム:ほぼなし
・副作用・リスク:発赤、ヒリヒリ感
・洗顔・メイク・シャワー・入浴:当日から可能
・お勧めの頻度:強力に美肌効果を感じたい方:1週間に1回、一般的なペースで治療を進めたい方:2週間に1回、メンテナンス目的の方:1か月に1回

3.ピコ・フラクショナルとは

ニキビ跡、毛穴の開き、小じわなど肌質を改善します。空洞が皮膚細胞を活性化させ、コラーゲンの増殖、肌の弾力を維持するのに必要なエラスチンの再生などを促します。継続的に施術を受けていただくことで、しわやたるみにも効果を発揮します。
従来のレーザーでは、お肌の中まで届かず、逆にお肌の表面に穴を開けてしまっていたため、痛みが強く、ダウンタイムも長くなるデメリットがありましたが、ピコフラクショナルではその弱点を克服しています。1か月おきくらいの頻度で治療をお受けになることをおすすめします。

こんな方におすすめ

✓ 毛穴を引き締めたい
✓ 凸凹のニキビ跡をキレイにしたい
✓ 肌の質感を改善したい
✓ 肌全体を綺麗にしたい
✓ 従来のCO2フラクショナルレーザーのダウンタイムが辛くて続けられなかった
✓ 従来のCO2フラクショナルレーザーが痛くて続けられなかった

ピコフラクショナルの詳細情報

・施術時間:10分
・ペース:1~2週に1回
・ダウンタイム:2,3時間
・副作用・リスク:発赤、ヒリヒリ感、赤みは出ますが当日におさまります
・洗顔・メイク・シャワー・入浴 当日から可能です
・お勧めの頻度:2~4週間に1回。ピコトーニングと同日に施術可。

ピコレーザーの料金表(すべて税込)

ピコレーザートーニングフルフェイス

5,500円

ピコレーザーの料金表(すべて税込)

ピコレーザートーニングフルフェイス  33,000円

ピコレーザーの施術の流れ

東京の銀座エルディアクリニック|歯科と美容の治療カウンセリング

1.カウンセリング/診察

患者様のお肌の状態、ご希望、体調などをお伺いし、患者様お一人お一人に合った施術が重要ですので、何でもご遠慮なくご質問、ご相談ください。

東京の銀座エルディア|脂肪溶解注射

2.準備

患者様のお肌の状態によって出力を調整して施術をさせていただきます。5~15分で終わります。

東京の銀座エルディアクリニック|ピコレーザー|美容クリニック

3.施術

お肌の赤みが少し出ますが、基本的にメイクはしてお帰りいただけます。
日焼けにご注意ください。
当日のシャワーは可能ですが、入浴は2~3日お控えください。
特に気になるところがなければ再度の来院は必要ありません。

ピコレーザーのQ&A

Q1.ピコレーザートーニング1回でしみ・そばかすはとれますか?
A1.肌の奥にあるメラノサイトがメラニン色素を作らなくなるまで複数回の治療をお薦めします。

Q2.ピコレーザートーニング治療美白効果はどれくらいですか?
A2.ほとんどの方は1回目から治療部位が1トーン明るくなったと実感されると思います。

Q3.ピコレーザートーニングに副作用等はありますか?
A3.色素沈着と、白斑が出ることもあります。また効果が全くでない方も稀にいます。

Q4.治療にはどれくらい時間がかかりますか?
A4.初回は問診などがあるため1時間程度、2回目以降は20~30分程度です。

ピコレーザーのQ&A

Q1.ピコレーザートーニング1回でしみ・そばかすはとれますか?
A1.肌の奥にあるメラノサイトがメラニン色素を作らなくなるまで複数回の治療をお薦めします。

Q2.ピコレーザートーニング治療美白効果はどれくらいですか?
A2.ほとんどの方は1回目から治療部位が1トーン明るくなったと実感されると思います。

Q3.ピコレーザートーニングに副作用等はありますか?
A3.色素沈着と、白斑が出ることもあります。また効果が全くでない方も稀にいます。

Q4.治療にはどれくらい時間がかかりますか?
A4.初回は問診などがあるため1時間程度、2回目以降は20~30分程度です。

ダウンタイム・注意点

  • 施術中、輪ゴムではじかれるような、軽い痛みを感じることがあります。
  • 施術後、ニキビの悪化、肌荒れのような症状、赤み、色素沈着、ブツブツ、かさぶたなどが生じることがあります。いずれも一時的なものですが、ピコ・フラクショナルの場合は、かさぶたが2~4週間と長期にわたる場合もあります。かさぶたができても無理に取らないようにしてください。施術後のお肌は敏感になっています。刺激は避けてください。保湿などのアフターケアをおすすめしますが、必要に応じてお薬も処方します。気になることがあったり、症状の改善が遅いなと感じられる場合は何でもご相談ください。
  • ごく稀にやけどや水泡のような症状が出ることがあります。
    その場合には、当クリニックまでご相談ください。きちんとアフターケアをさせていただきます。
  • 妊娠中や授乳中の方、重度の炎症のある方等は施術をお受けになることができません。また、アトピー、てんかん、自己免疫疾患等をお持ちの方は施術をお受けになれない可能性があります。

ピコレーザーの仕組み

ピコというのは1兆分の1のこと。ピコレーザーは、1兆分の1秒という極めて短いパルスのレーザーを照射します。レーザーのピークエネルギーは、パルスが短いほど瞬間的な破壊力が大きくなります。これによって、従来の技術では改善しにくかった色素や肌質まで改善させることができるようになりました。また、パルスの短いレーザーでは熱をほとんど発生させることなく、レーザーの衝撃だけでメラニンを破壊しますので、熱による肌ダメージを防ぐこともできます。
従来のレーザーでは破壊できなかった大きさの粒子の細胞、色、深さにも対応が可能ですので、より幅広い用途に活用できます。また、薄い色素であっても除去する能力に優れているので、これまでは取りきれなかった薄いしみやくすみ等にも有効です。レーザーによる刺激は、皮膚を活性させますので、お肌の改善にも役立ちます。